プロフィール

千葉 春美
ソーイングカフェcoton オーナー

こんにちは。ソーイングカフェ・コトンの千葉春美です。

『ソーイングセラピー』って知ってますか?

『ソーイングセラピー』とは、
お裁縫で、何かをつくり、それを完成させることで達成感をあじわい、
その達成感で、⾃分にいろんな⼒を与え癒してくれることを、「ソーイングセラピー」というそうです。

みんなといっしょにおしゃべりをしながら作品つくりをすすめていったらきっと楽しく、
ものづくりを通して⼈とのつながりもできたり・・・。

⽇々の⽣活に彩りを与えてくれたら、それはとても素敵な事じゃないかな・・・と、私は考えます。

みなさんが気軽にあつまりお裁縫が楽しめるアトリエカフェが、ソーイングカフェコトンです。

 

私の裁縫歴


昭和時代に、今住んでいる場所の隣町のド田舎に生まれました。
実家は農家。

当時一緒に住んでいた叔母は和裁師で、祖母は毎日、何かをいつも縫っていました。
母親は洋裁ができる人だったので、小学生の時、ワンピースを縫ってもらった記憶があります。

 

小学校は地元の小さな学校(すでに廃校となりました)
女子は、ほぼ手芸クラブに入部し、そこで、米山京子先生の人形作りを体験しました。

材料は町の雑貨屋さん。

これが欲しいと言うと、奥の方から必ず探して持ってくる、商品が乱雑に積み重なっていたお店でした。


中学になって、家庭科がはじまり

授業で割烹着を縫う事に。

足踏みミシンが苦手で、電動ミシンが使いたくて、順番待ちをしていたら作業が遅れ、裁断ミスをおこしてしまった。

割烹着の袖の『わ』の部分を布端で裁ってしまい、片方だけ1㎝細い袖の割烹着になってしまった。

 

高校に入って・・・

部活は、ハンドと言ってもハンドボール部に入部してしまった。
しかも全国大会へ行くレベルの部でした。
先輩怖いし、先生は更に怖い。

殴られる、蹴られるは当たり前。
辞めたい!と、雨降れ!と毎日思っていた高校時代。

高校の時にスカート縫った記憶が・・・。
家庭科の時間ではタイトスカートだったけど、自宅でギャザースカートを縫った。
たぶん、手持ちのブラウスに合わせるために縫ったのかも・・・。

 

それと・・・
恋愛禁止の部活なのに、県1位の男子校の一個上の子と付き合った。大学受験があるとかで、バレンタインの時にベタなニットのベストを編んでプレゼントしようとコツコツ編んだ。


師匠は学校近くの手芸屋さんの奥さん。週末に渡すというときに、痛感のミスを犯し、解き命令が…。結局間に合わないということで、先生に託し直して貰った。きれいなゴム編みの仕上がりだったな・・・(笑)

 

社会人になって

つづく…

 

 

⼿づくりの楽しさを広めたくて2013年バイクショップMCクラフト店内に
お裁縫が楽しめるアトリエカフェをオープンしました。

コトンでは、⼀緒にお裁縫をすすめていくソーイングサポートや、
気軽に作品つくりを楽しんでもらえるワークショップを開催。

また、⼩学校のマーチングバンドの⾐装制作の制作や制作指導の経験あります。

PTA⾏事や企業様のイベントでのハンドメイド出張ワークショップも開催。

2019年3⽉、⼤⼈⼥⼦向けのイベント「サンキューコレクションカフェ」を企画主催開催。

クロバー(株)主体の⼿芸普及チームパフェプロジェクト仙台「伊達⼿藝隊」メンバー

 



Today's Schedule